Home » Archive

Articles tagged with: 東京国立近代美術館周辺の素敵なお店

美術館周辺の素敵なお店, 関東 »

[2013 年 4 月 30 日 | No Comment | 1,838 views]
ラ・スタジオーネ 《東京国立近代美術館周辺の素敵なお店》

シンプルな生地にこだわった石窯ナポリピッツァにボーノ!

「美味しい本場のナポリピッツァを気軽に楽しんでいただきたい。」そんなこだわりから2007年に小川町にオープンしたラ・スタジオーネ。
毎朝お店で仕込まれる生地は、素材と配合にこだわり、小麦粉・天然水・生酵母・塩だけで作るシンプルだけれど奥深い味わい。ナポリピッツァの特徴であるもっちりとした食感を出すために、湿度・温度の保たれた専用生地庫で丸一日かけて熟成させるそうです。
もちろん具材にもこだわりがあり、週に2回イタリアから空輸される本場のモッツァレラチーズは絶品!定番のものはもちろん、旬の素材を盛り込んだ“季節感のある”ピッツァや料理を出してくれるところもポイントです。例えばしらす、ふきのとう、岩のり…。一瞬エッ和食?と思うような素材も実は現地イタリアでも使われており、とても美味しいんですよ。「店名のラ・スタジオーネとはイタリア語で“季節”という意味があり、季節感のあるイタリア料理を楽しんでいただきたいという思いが込められています。」とのこと。早速美味しいランチメニューを頂いて参りました。 (続きを読む…)

美術館周辺の素敵なお店, 関東 »

[2012 年 2 月 28 日 | No Comment | 3,571 views]
ル・プティ・トノー 《東京国立近代美術館周辺の素敵なお店》

ボンジュール!
ギャルソンに迎えられて扉を開くと、そこは東京の中のパリ


“カジュアルにフレンドリーな雰囲気の中でパリと変わらない本当のフランス料理を味わっていただきたい”。同店のオーナーシェフであるフィリップ・バットン氏の思いのもと2001年に九段下にオープンしたのが、人気のビストロ「ル・プティ・トノー」です。
壁のポスターや写真、椅子にテーブル、チェックのクロス、床のタイルに至るまで、すべてが“本物のパリ”であることにこだわった店内はいつ来ても華やかな活気に溢れ、昼と夜で違った顔を見せてくれるのも大きな魅力です。
夜は南仏を中心にセレクトされたワインと共に、自由なスタイルでタパス(小皿料理)を楽しむレストランとして、昼はフランスの定番料理を気軽に味わえるビストロやカフェとして1日中ご利用いただけます。

(続きを読む…)

美術館周辺の素敵なお店, 関東 »

[2010 年 9 月 28 日 | 2 Comments | 7,581 views]
紅楼夢(こうろうむ)《東京国立近代美術館周辺の素敵なお店》

歴史ある学士会館で食す、独創的な本格中華。
この立地、この実力で、リーズナブルな価格も嬉しい!


扉を開けると、天井高の広々とした店内。
大きな窓からはこもれ陽が差し込み、まるで異国のクラシックホテルに来たかのよう。
時間も国籍も超越したロマンティックな空間が広がります。
旧帝国大学(現在は国立7大学)の学士会会員の交流の場として建設され、
関東大震災で焼失した会館を、昭和3年に東京大学発祥の地に再建したのが現在の学士会館です。
設計したのは日本橋高島屋や帝国ホテルの設計者としても有名な建築家・高橋貞太郎氏。
平成15年には国の登録有形文化財にも指定されています。
二・二六事件や太平洋戦争の激動の時代をくぐり抜け、
戦後はGHQの将校クラブとしても使用されていたという超歴史的建造物。
その中にこんなにおしゃれなレストランがあるなんて!
しかも味は本格派。時田太料理長の作る料理は、
広東料理の王道を守りながらオリジナリティにあふれた本格中華です。

(続きを読む…)