Home » Archive

Articles tagged with: 国立国際美術館周辺の素敵なお店

美術館周辺の素敵なお店, 関西 »

[2011 年 12 月 28 日 | One Comment | 3,885 views]
L’API(ラピ) 《国立国際美術館周辺の素敵なお店》

実力とセンス、そしてあたたかさを備えたイタリアン

国立国際美術館から川を渡って少しぶらぶら。
ゆったり歩きながら町並みを堪能したいエリアといえば、“現代風下町”な風情を醸すここ京町堀。
歩みを進めるにつれ、流れていく景色の中にぽつぽつと現れる
小道沿いのおしゃれなカフェや雑貨屋さん、アーティスティックなギャラリー…etc。
近くにはオフィス街というスタイリッシュな一面を持ちつつも、
歩けば必ずなにか楽しいことに出会えそうな、独特の魅力を秘めた界隈です。

京町堀で、そんな心愉しい情景の一部をなしているのがイタリアン「L’API」。
お店はカジュアルな雰囲気を持ちながらも、お料理は一口いただいてびっくり。
はっとするほど素材の味わいが生きた、奥深いおいしさに感激してしまいます。
窓の外には並木が静かに影を落とし、のんびりと心安らげるムードを醸し出しています。

(続きを読む…)

美術館周辺の素敵なお店, 関西 »

[2011 年 2 月 27 日 | No Comment | 3,918 views]
カンティーヌ《国立国際美術館周辺の素敵なお店》

ビジネス街の喧騒を忘れるフレンチテイストのダイニング

普段は、スーツ姿の人々があふれる中之島・肥後橋エリア。
国立国際美術館から南へ、ビルが立ち並ぶ土佐堀通の裏手に入ると、小さな商店街や飲食店が肩を並べる路地が隠れています。一見、雑然としたロケーションにあって、水色のファサードとシックな雰囲気で目を引くのが『カンティーヌ』。4年前にオープンして以来、ランチからカフェ、ディナーまで、シーンを問わず楽しめるカフェ・レストランとして人気を集めています。
扉を開けると、板張りのフロアにゆったりと配した白木のテーブル。至ってシンプルなインテリアと、広々とした空間は、オフィス街とは思えない穏やかな空気が満ちています。

(続きを読む…)

美術館周辺の素敵なお店, 関西 »

[2010 年 5 月 28 日 | No Comment | 7,128 views]
soup&café cherry《国立国際美術館周辺の素敵なお店》

—デザインユニットが手がける憩いのスペース—

地下鉄肥後橋駅と美術館を結ぶ土佐堀川南岸沿いは、ここ数年、新しい動きが多い注目のエリア。
「最近はこの辺りにお出かけする人が増えて、にぎやかになりましたね」と、オーナーの南波順子さん。
デザインユニット「ORIGINAL DECO.」プロデュースのカフェとして、
6年前にオープンしたこちらは、そんな界隈にあって先駆け的な一軒です。
インテリアから家具まですべてオリジナルで手がけた店内は、和・洋のテイストが溶け合って、
どこか懐かしく、ゆったりとした雰囲気。
サラリーマンやOLでにぎわうお昼時や、のんびりした週末のカフェタイム、
夜は落ち着いたバーで大人の趣…と、時間によって様々な表情を見せてくれます。
(続きを読む…)

美術館周辺の素敵なお店, 関西 »

[2010 年 2 月 28 日 | No Comment | 5,344 views]
ビクトリー《国立国際美術館周辺の素敵なお店》

—創業85年。中之島界隈で最古参の喫茶店—

中之島にある国立国際美術館周辺は、商都大阪の中心をなすビジネス街。
特に最寄駅の肥後橋界隈は新しいお店の開店も多く、注目のエリアとなっています。
大きく変わりつつあるこのエリアで、1925年に創業した『ビクトリー』は、美術館から土佐堀川を挟んでちょうど向かい岸。界隈でも最古参の老舗として85年、変わらぬ雰囲気で周辺のサラリーマンやOLさんに親しまれています。
当初、屋台からお店を始めた創業者が、終戦後すぐの1946年に土佐堀通沿いに店舗を構えたのがお店の始まり。店内に架けられた当時の写真を見ると、ハイカラな当時のお店の様子がうかがえます。
20年前、大通りからちょっと外れた路地に場所を移し、現在は2代目店主の足達さんが一家で切り盛りしています。
(続きを読む…)