Home » もっと知りたい!展覧会, 内覧会レポート

ルーシー・リー展《もっと知りたい!展覧会》

2010 年 12 月 28 日 5,715 views 2 Comments

大阪市立東洋陶磁美術館では2011年2月13日(日)まで『ルーシー・リー展』が開催中です。

関西方面の方はもう行かれましたでしょうか?

必見のこの展覧会、会場風景を一部ご紹介…

難しいことは考えずとも、目の前の器を見ればその美しさに自然と気分が良くなってきます。

まずは、ウィーン時代の作品から
lro01

釉薬ノートなど資料が豊富に展示されているのも見どころのひとつです。

lro02 lro03


バーナード・リーチとの手紙のやりとりも。
ルーシー・リーの笑顔はとてもチャーミング。こんな風に年を重ねたいと思わされます。
lro04

生涯よき友人であったハンス・コパーとの共作も。
lro05

《花器》1949年頃 このオレンジの色合いがたまりません。
が、写真では全然伝わりません・・・。是非実物をご覧ください!
lro06

お猪口として使いたい小鉢。かわいい〜♡
lro07

白い釉薬の質感とフォルムがたまりません。
lro08

そして、ルーシー・リーの円熟期の作品たちにうっとりしっぱなしです。
lro09 lro10

やっぱり笑顔が素敵です。
最後のデイビッド・アッテンボローがルーシー・リーにインタビューしているBBCの映像もお見逃し無く!
lro11


同時開催の『川崎毅展』も素敵でした。
lro12

編集部:森 優子


ページTOPへ戻る▲

2 Comments »

  • かおり♪ said:

    ルーシー・リー展の招待券を送っていただきましてありがとうございました。
    先日観に行ってきました。
    オレンジの花器、とてもきれいで素敵でした。色も形も♪
    この作品だけじゃなく、微妙なカーブが目をひきました。
    白の作品の色合いが、年代ごとに変わっていくのが、特に印象的でした。
    2点くらいしかなかった緑が使われてる作品が、どちらも強烈な感じがしました。他の作品とはちょっと違うパワーを発しているような・・・
    できれば、どの作品も、内側と底も観たかったなあと思っております。

  • 55museum (author) said:

    >> かおり♪様

    コメントありがとうございます。
    本当に叶うなら手に取ってじっくりじっくり見たいです。

コメント投稿欄

以下のタグが使えます:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">