Home » 終了した展覧会

生誕100年 随筆家・白洲正子-あざやかなる生の軌跡

2010 年 11 月 3 日 929 views No Comment

展覧会サイト:http://www.city.machida.tokyo.jp/

2010年11月3日(水)〜 2010年12月19日(日)

町田市民文学館ことばらんど(町田市原町田4丁目16番17号)
Google Map

午前10時 ~ 午後5時(入室は午後4時30分まで)
※ナイトミュージアム:11月19日(金曜日)および12月17日(金曜日)は、午後8時まで開室(入室は午後7時30分まで)

休館日:月曜日、毎月第2木曜日(12月9日)

展覧会の見どころ
白洲正子の感性の源であり創作の原点であった「能」との係わりを起点に、多くの作品を紡ぎだし終の棲処となった鶴川での生活や、小林秀雄、青山二郎らとの交友を経て開花した作品世界を、愛用の品々や自筆原稿とともに紹介する展覧会。

machida_shirasu01 machida_shirasu02

《関連書籍》

machida_book01
  白洲正子“ほんもの”の生活
¥ 1,575
machida_book02
  白洲正子のすべて(和樂ムック)
¥ 2,300

コメント投稿欄

以下のタグが使えます:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">