Home » もっと知りたい!展覧会, 内覧会レポート

マン・レイ展、コレクション展 @国立国際美術館《もっと知りたい!展覧会》

2010 年 9 月 28 日 5,394 views No Comment

大阪・中之島の国立国際美術館で開催中の『マン・レイ展 知られざる創作の秘密』

東京の国立新美術館からの巡回展です。

展覧会の入口には大きく引き延ばされたマン・レイのセルフポートレイトが。

マン・レイは1890年生まれなのでこのとき34歳ですね。

manray_osaka01

今回のマン・レイ展はマン・レイ財団が福のり子さんとジョン・ジェイコブさんに

作品の調査を依頼したところから始まりました。(お二人のインタビュー

マン・レイの妻、ジュリエットの遺族がニュージャージーの

自動車修理工場に保管していた作品をお二人が調査しに行ったところ、

当初は数百点と言われていた作品が出るわ、出るわ

最終的に約4,000点もの作品を4年間かけて調べることになったそうです。

金庫と壁の間から新聞紙に包まれた油絵が出てきたりしたこともあったとか。

そんな調査のかいあって、今回のマン・レイ展は

今までよく知られていたマン・レイとは違うマン・レイの一面を見ることができます。

「マン・レイ、あー、もう知ってるからいいや」なんてもったいないこと言わないでください。

知ってる人にこそ見てほしい!そんな展覧会になっています。

内覧会に行ってきましたので一部会場風景をご紹介。

manray_osaka02
マン・レイの最初の妻、アドン・ラクロワを描いたエッチング(写真右)

マン・レイより3歳年上のベルギー人、ラクロワ(なんと、友人の彫刻家アドルフ・ウルフの前妻)とは

マン・レイがニュージャージーのリッジフィールドにいた時に出会い、

まだうぶで、ヨーロッパに憧れていたマン・レイは

フランス語を話すラクロワにすっかりメロメロになってしまったそうです。

しかしこのラクロワ、なかなか奔放な女性だったようで、

浮気に浮気を重ね?遂にマン・レイは家を出て行きます。

その時、慰めてくれたのが生涯の友人、マルセル・デュシャンだったとか。

manray_osaka04
デュシャンの作品の記録写真も展示されています。


manray_osaka05
manray_osaka06
パリでは本当に様々な人のポートレイトを撮影しています。

各人の特徴がとてもよく出ていて、見ていて飽きません。

合衆国から異国に来たマン・レイにとって、

カメラは一種のコミュニケーションツールでもあったようです。

manray_0saka07
manray_osaka07
勿論、パリでの恋人、モンパルナスのキキの写真も。

キキは藤田嗣治、シャイム・スーティンやキスリングといった

芸術家の恋人でありモデルでもあったのですが、

やっぱりマン・レイが撮影したキキが一番有名ですよね。

マン・レイはキキのお化粧もしてあげていたとか。

manray_osaka10
manray_osaka09
今回の展覧会の魅力は、上記の写真のように

マン・レイの創作の過程がわかる資料的な作品が多く展示されている点です。

「知られざる創作の秘密」というサブタイトルがしっくりきます。


manray_osaka11
manray_osaka12
マン・レイと詩人のポール・エリュアールとの関係を示す作品も多く展示されています。

マン・レイが撮影したエリュアールの妻、ヌッシュのヌードは本当に綺麗!

ただマン・レイは

「いかなる写真によっても、この女性の魅力と優しさを再現することはかなわない」

と言ったとか。

ピカソも彼女に恋してたらしいですよ。


manray_osaka13
manry_osaka14
manray_osaka15
今回の目玉のひとつ、マン・レイのカラー写真。

独特の色合いが魅力的です。


manray_osaka16
会場の最後には篠山紀信が撮影したマン・レイのアトリエの写真もあり、

この時の撮影の様子を語ったインタビューが公式サイトにアップされていました。

篠山紀信インタビュー


今年から来年にかけてシュルレアリスムや当時の芸術に俄然注目が集まっていますね。

シュルレアリスムを知るためにはマン・レイはかかせません。

関心のある方はどうぞお見逃しなきよう!!


マン・レイ展を観た後は(前でも)コレクション展を。

国立国際美術館のコレクション展は、これでこそ美術館だわ!といつも思わせてくれる内容です。

今回は「近年の収蔵品を中心に」ということで約200の展示作品の内、

約150点が初公開とのことです。

中原浩大

中原浩大 《レゴ》


塩田千春

塩田千春 《トラウマ/日常》


戸谷成雄

戸谷成雄 《洪水》《森》


中西夏之

中西夏之 《紫・むらさきXVIII》《背・白edge I》《背・白edge I 地塗反転》《背・白edge II》


奈良原一高

奈良原一高 《空気遠近法》


他にも畠山直哉、松江泰治、ヴィック・ムニーズ、西野達、ローリー・シモンズ、舟越桂などなどなど・・・

充実のコレクション展です!


編集部:森 優子

ページTOPへ戻る▲

コメント投稿欄

以下のタグが使えます:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">