Home » 美術館周辺の素敵なお店, 関東

星福(シンフウ) 《パナソニック 汐留ミュージアム周辺の素敵なお店》

2014 年 1 月 29 日 2,093 views No Comment

医食同源の極意「薬膳」を美味しくモダンに伝える

銀座6丁目、松坂屋向かいのかねまつビル6階で、今年開店26周年を迎える薬膳料理の名店「星福」本店。
薬膳アドバイザーであり中国では漢方医でもあるオーナーの謝敏基氏が、古来より伝わる中国薬膳の知恵に“美味しさ”の概念を取り入れ、「美味しい食事で身体を癒す」をコンセプトにした料理を食べさせてくれるお店です。
薬膳料理とは、季節や環境、食べる人の体質に合わせて、漢方素材を組み合わせて献立される料理を言うのだそうです。お店で出される薬膳スープやお料理も、季節や天候に合わせた素材の組み合わせで提供されているのだとか。お客様の体調に合わせて、薬膳茶やお料理のアドバイスなどもしてもらえるそうですよ。
さっそく美味しくて元気になる料理、頂いてまいりましょう。

xingfu01 xingfu02


楊貴妃も愛した?真珠粉入りフカヒレのスープ!
体を潤し肌を整える、女性に嬉しいランチ


単品の麺類やチャーハンから、手軽なセットメニュー、本格的な薬膳コースまで、数種類から選べるランチメニュー。
その中でどうしても食べたかったのが、「真珠粉入りフカヒレスープ」。このスープが盛り込まれた2,625円のBランチスペシャルセット(点心・スープ・メイン2種・おかゆ又はごはん・デザート)をいただきました。スタートの点心は、ふわふわもっちりでほんのり甘い大根餅。

xingfu03
そしてスープは「本日の薬膳蒸しスープ」か「真珠粉入りフカヒレと白木くらげのスープ」から選べます。今日は特別に2種類お味見させていただきました。
まずは人気の「薬膳蒸しスープ」、乾燥している冬には体を潤し温める素材が使われ、皮付きの根菜(大根・人参)や大豆、コラーゲンたっぷり豚の軟骨、蓮の実、クコの実、くわい、きくらげなど約10種類の具が入っています。深く優しく、滋味深いとはこんな味を言うのでしょうね。季節によって、体に良い様々な食材が調合されるそうです。

薬膳蒸しスープ

「薬膳蒸しスープ」冬には肌や内蔵、喉を潤す素材が調合される


そしてお待ちかね、「真珠粉入りフカヒレと白木くらげのスープ」。真珠粉はカプセル入でやってきます。それを黄金色のふかひれスープにパラパラと…この贅沢な組み合わせ!楊貴妃もクレオパトラも愛したという真珠粉!女性なら一度は食べてみたいですよね。真珠もフカヒレもお肌にいいのはもちろんのこと、白木くらげは老長寿の薬とも言われ、食物繊維が腸をきれいにし肌や内蔵を潤わせる働きがあるそうです。

xingfu05
さらにメインは8種類の中からハーフで2種を選べます。迷った挙句、一番人気の「ブロッコリーと3種海鮮炒め」と「海老すり身と茄子の豆鼓煮」に。えびは薬膳の世界ではスタミナ源、ほたてもタウリンが入っているので元気が出るのだとか。味は上品な広東風です。他にも青椒肉絲や麻婆豆腐、鶏肉とカシューナッツ炒めなど人気の定番メニューからオリジナルメニューまで、どれも食べたいものばかり。一人2種類選べるので4人で来れば全8種類が食べられます。

ブロッコリーと3種海鮮炒め

ブロッコリーと3種海鮮炒め


海老すり身と茄子の豆鼓煮

海老すり身と茄子の豆鼓煮


締めの野菜のおかゆにはザーサイと揚げワンタンが付き、ごま油の風味がアクセントに。この日風邪をひいてぐずぐずだった私ですが、ひと皿ひと皿のお料理が体の隅々に染み渡るように美味しかったです。

xingfu08
料理の他、さまざまな食材からなる薬膳茶や薬膳酒にも定評があり、体調に合わせてアドバイスもしてくれるそう。ランチ時は9割が女性で、一人でいらっしゃるお客様も多いという星福さん。独特の酸味と辛味のある酸辛麺(サンラーメン)も女性に大人気だとか。美味しく食べてきれいに健康に!パナソニック汐留ミュージアムからもほど近く、美術館の行き帰りにぜひ立ち寄っていただきたいお勧めのお店です。


取材・文:稲垣栄里


星福(シンフウ)
東京都中央区銀座6-9-9  かねまつビル6階(松坂屋向かい) Google Map
地下鉄銀座線銀座駅A2出口 徒歩3分/JR新橋駅 徒歩7分
電話:03-3289-4245
営業時間:ランチ(月~金)/11:00 〜 15:00(L.O. 14:30)
     ディナー(月~金)/17:30 〜 22:00(L.O. 21:00)
     ランチ・ディナー(土・日・祝)/11:00 〜 20:30(L.O. 20:00)
無休
URL:http://www.xingfu.co.jp/


ページTOPへ戻る▲

コメント投稿欄

以下のタグが使えます:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">