Home » 終了した展覧会, 関東

―岡田美術館開館記念― 日本・東洋 美の遺産展

2013 年 10 月 4 日 1,020 views No Comment

美術館サイト:http://www.okada-museum.com/

2013年10月4日(金)〜 12月30日(月)

岡田美術館(神奈川県足柄下郡箱根町小涌谷493-1)
Google Map

午前9時 ~ 午後5時(入館は午後4時30分まで)

会期中無休

展覧会の見どころ
この秋、箱根涌谷に開館した岡田美術館は、実業家岡田和生が収集した日本・東洋の美術品と考古遺品などの文化財を公開する私立美術館です。コレクションの中心は、近世・近代の日本画と、東アジア(中国・韓国・日本)の陶磁器ですが、そのほかにも、縄文土器から土偶・埴輪などの考古遺品、仏像や仏画など平安・鎌倉期の仏教美術品、蒔絵、ガラスなどの工芸品などと、時代や分野の幅はきわめて広く、名品、稀品が揃っています。
この展覧会では、全館5階15室を用い、下記のような構成によって岡田美術館の全体像が披露されます。1・2階は陶磁、3・4階は絵画、5階は仏教美術を中心とし、漆芸・金工など工芸作品も併せて展示されます。

展覧会の構成
1階 中国陶磁・青銅器 朝鮮陶磁
   第1室 <特別展示>東洋の陶磁・青銅器の名品
   第2室 中国古代の青銅器・陶磁 宋時代の陶磁
   第3室 元・明時代の陶磁
   第4室 <逸品展示>砧青磁/朝鮮陶磁
   第5室 清時代の陶磁

2階 日本陶磁と日本絵画の名品
   大展示室 古九谷 鍋島 仁清 乾山
        <逸品展示>横山大観「霊峰一文字」

3階 日本絵画Ⅰ ―屏風を中心に―
   第1室 金屏風 ―祝祭の絵―
   第2室 水墨の屏風 ―幽玄の画―
   第3室 <テーマ展示>月と秋草、紅葉に遊ぶ
   第4室 近世諸派の屏風

4階 日本絵画Ⅱ ―書跡、中国・朝鮮の美術とともに―
   第1室 京琳派
   第2室 狩野派・円山派/近現代の絵画
   第3室 文人画・江戸琳派
      <逸品展示>春草の海―朝陽と月光―
   第4室 浮世絵/中国・朝鮮の美術

5階 仏教美術
   薬師如来像 二天像 四天王像
   阿弥陀三蔵来迎図 両界曼荼羅 銅板経など

コメント投稿欄

以下のタグが使えます:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">