Home » 終了した展覧会, 関西

薄白色の余韻 小林且典

2013 年 11 月 2 日 1,229 views No Comment

美術館サイト:http://www.artm.pref.hyogo.jp/

2013年11月2日(土)〜 12月1日(日)

兵庫県立美術館 ギャラリー棟1階 アトリエ1(神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1)
Google Map

午前10時~午後6時(入場は閉館30分前まで)

無休

観覧料無料

兵庫県立美術館周辺の素敵なお店

展覧会の見どころ
兵庫県立美術館お基本理念のひとつである「新しい美術を創造する未来志向の美術館」に基づき、平成22年度より開催されている「注目作家紹介プログラム チャンネル」の4回目は、兵庫県出身の彫刻家・小林且典(こばやし・かつのり/1961年 龍野市生まれ)の個展です。
小林は、イタリア留学時に魅せられた蝋型鋳造により瓶・皿・壺等の日常生活の中にある身近なものを表現しています。今回の個展では、天井高7m20cmのアトリエ1の空間を活かし、床面中央には膨大な数のブロンズと木彫の作品を配し、壁面にはカラープリントの新作を軸に、モノクロプリントも併せて紹介します。


《関連書籍》

kobayashik_book01
  小林且典作品集 ひそやかな眼差し
¥ 3,570

コメント投稿欄

以下のタグが使えます:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">