Home » 終了した展覧会, 関東

ポーラ美術館×国立西洋美術館 モネ、風景をみる眼—19世紀フランス風景画の革新

2013 年 7 月 13 日 931 views No Comment

美術館サイト:http://www.polamuseum.or.jp/

2013年7月13日(土)〜 2013年11月24日(日)

ポーラ美術館(神奈川県足柄下郡箱根町仙石原小塚山1285)
Google Map

午前9時 ~ 午後5時 (入館は午後4時30分まで)

会期中無休

展覧会の見どころ
国内有数のモネ・コレクションを誇るポーラ美術館と国立西洋美術館との共同企画。
絵画空間の構成という観点から、他の作家の作品との比較を通して、風景に注がれたモネの「眼」の軌跡をたどります。モネ作品35点を中心に、マネからピカソまで、2つの美術館のコレクションから選び出した同時代の主要作品の数々をあわせ、全5セクション、総数約100点の作品によって、モネがカンヴァスの上に作り上げていった絵画空間の独自性を明らかにします。

monet_pola_omote monet_pola_ura

《関連書籍》

monet2013_book01
  Monet 水と光と風の画家「クロード・モネ」
千足 伸行 (著)
¥ 1,500
monet2013_book02
  モネ 庭とレシピ
林 綾野 (著)
¥ 1,680

コメント投稿欄

以下のタグが使えます:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">