Home » 美術館周辺の素敵なお店, 関西

il pozzo(イル ポッツォ)《京都文化博物館周辺の素敵なお店》

2013 年 10 月 29 日 2,424 views No Comment

本格イタリアンを
親子三世代で楽しんで


オフィス街から少し離れ、閑静な住宅や町家が並び、“リアルな京都”を味わえる烏丸御池。今回ご紹介するお店は、趣ある町家でカジュアルなイタリアンが楽しめる『il pozzo(イル ポッツォ)』。「美味しいイタリアンを、幅広い世代の方に気軽に楽しんでもらいたいんです」。そう語るオーナーシェフ、吉村さんの経歴は少しユニーク。辻調理師専門学校卒業した後、芸子さん、舞子さん御用達のイタリアン『とうべい』で腕をふるったのだとか。「オーナーが祇園にお店を構えていたので、お客様の大半が花街関係者でした。そこではメニュー考案なども手がけていたのですが、もっと多くのお客様にイタリアンを楽しんでもらいたくて。il pozzoを開店した原動力は、そこにあったのかもしれませんね」。
pozzo01

コストパフォーマンス絶大
サービス精神溢れるランチ


早速、お客様の9割がオーダーする人気のランチをご紹介。planzoB(1500円)は、前菜9種盛り合わせ、自家製フォカッチャ、本日のパスタ、ドルチェ、コーヒーor紅茶が揃ったおトクなコース。「色々な味を少しずつ楽んでもらいたくて。実のところ、始めは品数が多くて用意するのが大変だったんですよ」。そう語る吉村さん。目にも楽しい前菜盛り合わせがサーブされると、どれから味わうか迷ってしまいます。中でもおすすめは“サーモンのパテ”。火加減にこだわり、クリーミーでありながらあっさりとした後味に仕上がっています。他にも、地鶏をダイレクトに味わえる“丹波地鶏の自家製ハム”や、プリプリの海老とまったりとしたソースが絡み合う“甘海老ウニのソース”、野菜の味わいを活かし、酸味がクセになる“地野菜の焼き野菜マリネ”などがスタンバイ。お肉や魚介類、お野菜までバランス良く頂けます。

pozzp02
お次に登場する“本日のパスタ”は、3種からチョイスできます。今回は“有機バジルのジェノベーゼ”をオーダー。新鮮なバジルの香りが口いっぱいに広がり、アンチョビのコクがマッチ。トッピングのトマトや生ハム、あっさりとした牛のハードチーズ、“グラナパダーノ”と頂いてもグッドバランスな味わい。もっちりとした食感が特徴の“朝焼きたてフォカッチャ”とも相性抜群です。

pozzo03
食後に“ドルチェ4種盛り合わせ”とコーヒーを頂いて、お腹も心も大満足。朝採りの新鮮な食材をふんだんに使用し、ボリューム満点で1500円。おトク感満載なので、多くのお客様がオーダーするのもうなずけます。

pozzo04

子供OKだからと侮れない
味はもちろん、雰囲気も


「素材も味も良いイタリアンは値段が高いですし、なんせ小さな子供は入りにくい。親子でリラックスして、本格イタリアンを味わって欲しいと思ったんです」。町家を活かしたシックでモダンな店内には、吉村シェフのこだわりが散りばめられています。お店に足を踏み入れて、まず目に入るのはお座敷。アンティーク風の照明が大人なムードを醸し出しています。「お座敷があれば、子連れでも来やすいと思って」。吉村さんが仰る通り、評判は上々。掘りごたつなので、大人もリラックスできて◎。お店の奥に進めば、テーブル席とカウンター、そして京都らしいほんのり光りが差す中庭が登場。ナンテンや椿、ヤマブキ、アジサイなどが茂り、秋には紅葉も味わえます。「室内は全面禁煙なので、中庭は喫煙所として提供しています。煙草を吸われる方も、吸わない方も楽しんで頂けるよう配慮しています」。つい長居したくなる雰囲気なので、女性の1人客からシルバー世代もふらっと来店されるのだとか。

pozzo05 pozzo06 京都の雰囲気を楽しみながら、良い意味で京都らしくないメニューを展開している『il pozzo』は半年後に5周年を迎えるそう。「常に新しいことをしていきたいです」。と語る吉村さんの言葉に期待大。ぜひ、京都文化博物館の帰りに足を運んでみて下さい。


取材・文:岡本未来


pozzo07il pozzo(イル ポッツォ)
住所:京都市中京区西洞院三条下ル柳水町77-2 Google Map
(地下鉄烏丸線「烏丸御池」駅5番出口より徒歩6分)
電話:075-257-8282
営業時間:ランチ/11:30~14:30(L.O)
     ディナー/17:30~22:00(L.O)
定休日:月曜日(祝日の場合翌日)
席数:30席
駐車場:なし(近隣にコインパーキングあり)
URL:http://ilpozzo.jp/


ページTOPへ戻る▲

コメント投稿欄

以下のタグが使えます:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">