Home » 終了した展覧会, 関西

生誕120年記念 石垣栄太郎展

2013 年 9 月 3 日 1,089 views No Comment

美術館サイト:http://www.momaw.jp/

2013年9月3日(火)〜 10月20日(日)

和歌山県立近代美術館(和歌山県和歌山市吹上1丁目4-14)
Google Map

午前9時30分 ~ 午後5時 ※入館は閉館30分前まで

休館日:月曜日 <ただし9月23日、10月14日の祝休日は開館し、翌日火曜休館>

展覧会の見どころ
和歌山県太地町に生まれた石垣栄太郎は、1909(明治42)年、15歳の時に新宮中学を中退し、出稼ぎのためアメリカに渡りました。数々の職を転々としながら、カリフォルニア州立大学美術学校や、ニューヨークのアート・スチューデンツ・リーグなどに学び、画家としての活動を始めました。片山潜と出会い、ロシア革命と前後して社会主義の運動に目覚め、1920年代には当時の生活・風俗などを描くソシアル・シーンの画家として認められるようになります。大恐慌後の1930年代からは、失業、人種差別といったアメリカの抱える問題をテーマに制作し、メキシコ壁画運動の影響も受けながら、より大きな画面へと作品は展開しました。日中戦争や太平洋戦争が勃発してからは、反戦や反ファシズムを訴える作品を数多く手がけています。
この展覧会では、激動の時代をアメリカという場所で生きた、石垣の足跡を紹介します。

コメント投稿欄

以下のタグが使えます:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">