Home » 終了した展覧会, 関東

所蔵作品展 琳派・若冲と花鳥風月

2013 年 8 月 27 日 1,666 views No Comment

美術館サイト:http://www.ccma-net.jp/

2013年8月27日(火)〜 2013年9月23日(月・祝)

千葉市美術館(千葉市中央区中央3-10-8)
Google Map

午前10時 ~ 午後6時 毎週金・土曜日は午後8時まで
(入館は閉館の30分前まで)

休館日:9月2日(月)

5組10名様にチケットプレゼント!<終了しました>

千葉市美術館周辺の素敵なお店

展覧会の見どころ
「花鳥」の花は植物全般、鳥は動物全般を代表し、生命を象徴するものです。唐時代の中国で成立した花鳥画は日本の四季の中で育まれ、近世日本絵画で大きく花開きました。日本美術の装飾性をよく表す琳派や伊藤若冲は花鳥画に多くの優品を残しています。「花鳥」に対して「風月」は天候、自然現象といえます。山水に象徴される宇宙の中に花鳥風月はあり、人の営みもありました。
この展覧会では「四季」「花」「鳥」「風月」「山水」「人物」「琳派の版本」の七章構成で、千葉市美術館のコレクションから江戸時代の日本絵画を中心に花鳥風月を題材とした123点が展示されます。

kacho_omote kacho_ura
《関連書籍》

kacho_book01
  花鳥風月の科学
松岡 正剛 (著)
¥ 1,150

コメント投稿欄

以下のタグが使えます:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">