Home » 終了した展覧会, 関西

リヒテンシュタイン 華麗なる侯爵家の秘宝

2013 年 3 月 19 日 947 views No Comment

展覧会サイト:http://www.asahi.com/event/liechtenstein2012-13/

2013年3月19日(火)〜 2013年6月9日(日)

京都市美術館(京都市左京区岡崎円勝寺町124)
Google Map

午前9時 ~ 午後5時(入館は閉館の30分前まで)

休館日:月曜日<ただし、4月29日(月・祝)、5月6日(月・休)は開館>

5組10名様にチケットプレゼント!<終了しました>

京都市美術館周辺の素敵なお店

展覧会の見どころ
リヒテンシュタイン侯爵家コレクションが日本で初めて公開されます。
すでに12世紀には歴史にその名が登場するオーストリアの名門貴族リヒテンシュタイン家は、ハプスブルク家の重臣として1608年に「侯」の爵位を受け、1719年にリヒテンシュタイン侯国の元首となりました。歴代のリヒテンシュタイン侯は、芸術庇護を家訓として代々美術品を収集し、1810年にはウィーン郊外ロッサウの「夏の離宮」でコレクションの公開を始めます。しかし、第二次世界大戦を機に、その豊かなコレクションは侯国の首都ファドゥーツに秘蔵され、2004年に再びウィーンの夏の離宮で公開されるまで、一般の目に触れる機会はごく限られてきました。
この展覧会では、《クララ・セレーナ・ルーベンスの肖像》、《マルスとレア・シルヴィア》などルーベンス作品を8点一挙公開するほか、ラファエッロ、クラナッハ、レンブラント、ヴァン・ダイクら巨匠たちによる名画を含め、選りすぐりの88点が展示されます。
また、ウィーンの夏の離宮での展示様式をとりいれた「バロック・サロン」を設け、美術品と家具調度品が一堂に展示され、華やかなバロック宮殿の雰囲気を体感できます。

lie_kyoto_omote lie_kyoto_naka01 lie_kyoto_naka02

《関連書籍》

liechten_book01
  ミニ国家「リヒテンシュタイン侯国」
植田 健嗣 (著)
¥ 2,730
liechten_book02
  リヒテンシュタイン物語
池田理代子 (著)
¥ 2,000より

コメント投稿欄

以下のタグが使えます:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">