Home » 終了した展覧会, 関東

手の痕跡 国立西洋美術館所蔵作品を中心としたロダンとブールデルの彫刻と素描

2012 年 11 月 3 日 894 views No Comment

美術館サイト:http://www.nmwa.go.jp/

2012年11月3日(土・祝)〜 2013年1月27日(日)

国立西洋美術館(東京都台東区上野公園7-7)
Google Map

午前9時30分 ~ 午後5時30分(金曜日は午後8時まで開館) 入館は閉館の30分前まで

休館日:月曜日(ただし、1月14日は開館、1月15日は休館)

ハローダイヤル:03-5777-8600

国立西洋美術館周辺の素敵なお店

展覧会の見どころ
19世紀後半から20世紀初頭のフランス彫刻界に次々と意欲作品を発表し、ともに後世に大きな影響を残した彫刻家、ロダンとブールデルの関係に光をあて、フランス近代彫刻の一断面を示します。
国立西洋美術館の彫刻コレクションの中核を占める、ロダン彫刻58点、版画10点、素描17点、ブールデル彫刻11点、素描2点がまとめて展示されます。

teno_omote teno_ura

《関連書籍》

rodin_book01
  ロダン―神の手を持つ男
エレーヌ ピネ (著), 高階 秀爾 (監修), 遠藤 ゆかり (翻訳)
¥ 1,575
rodin_book02
  オーギュスト・ロダン―論説、講演、書簡
ライナー・マリーア リルケ (著), 塚越 敏 (翻訳)
¥ 3,150

コメント投稿欄

以下のタグが使えます:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">