Home » 終了した展覧会, 関東

棚田康司-たちのぼる。展

2012 年 9 月 16 日 1,358 views No Comment

美術館サイト:http://www.city.nerima.tokyo.jp/manabu/bunka/museum/

2012年9月16日(日)〜 2012年11月25日(日)

練馬区立美術館(練馬区貫井1-36-16)
Google Map

午前10時 ~ 午後6時(入館は午後5時30分まで)

休館日:月曜日<ただし10月8日(月・祝)は開館、翌日休館>

4組8名様にチケットプレゼント!<終了しました>

練馬区立美術館周辺の素敵なお店

展覧会の見どころ
これまで一貫して「人間」を彫り続けてきた彫刻家、棚田康司の約20年に亘る制作活動の中でも、とりわけ重要なモチーフとして存在し続けているのは「少年少女」です。それは、すでに子供ではないけれど、まだ大人でもない少年少女のように、あいまいな境界線に漂う存在が棚田の制作のテーマであるためです。
この展覧会は、棚田康司の東京の美術館における初の個展です。大学院修了作品から新作まで、また制作過程のスケッチなども含め、棚田の一連の作品群も網羅します。

tanada_omote tanada_ura
《関連書籍》

tanada_book01
  棚田康司作品集 たちのぼる。
¥ 2,625
tanada_book02
  十一の少年、一の少女
¥ 3,360

コメント投稿欄

以下のタグが使えます:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">