Home » 終了した展覧会, 関東

浮世絵師 溪斎英泉

2012 年 5 月 29 日 1,970 views No Comment

美術館サイト:http://www.ccma-net.jp/

2012年5月29日(火)〜 2012年7月8日(日)
※会期中一部展示替があります。

千葉市美術館(千葉市中央区中央3-10-8)
Google Map

午前10時 ~ 午後6時 毎週金・土曜日は午後8時まで
(入館は閉館の30分前まで)

休館日:6月4日(月)、6月18日(月)、7月2日(月)

5組10名様にチケットプレゼント!<終了しました>

展覧会の見どころ
江戸文化が最も熟成された幕末期に活躍した浮世絵師、溪斎英泉(けいさい・えいせん 1791-1848)が得意とした美人画は、独特の妖艶さを示して強い存在感を放っており、文政(1818-30)中期頃には美人画の第一人者として認められ、多くの錦絵が出版されています。一方で風景画においても多くの作品を手がけ、浮世絵における風景画というジャンルの確立に多大な貢献をした絵師の一人でもありました。
江戸星ヶ岡に武士の子として誕生、6歳で母を、20歳で父と継母を亡くし、3人の妹を養わなければならないという苦境の中で、さらに江戸詰として仕えていた安房北条藩を讒言によって辞することになり、流浪の末浮世絵師となったという英泉。 その波瀾万丈の人生から生まれた浮世絵は、その生き様にも重ねられるようなバイタリティーに満ちています。
そんな浮世絵師英泉を、千葉市美術館設立のきっかけともなった館蔵の英泉コレクション(今中宏コレクション)を中心に、選りすぐりの約350点により紹介する展覧会。

eisen_omote eisen_ura

《関連書籍》

eisen_book01   溪齋英泉・葛飾応為(お栄)
林 美一 (著)
¥ 9,240

コメント投稿欄

以下のタグが使えます:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">