Home » 終了した展覧会, 関東

金重有邦 生まれくるもの

2012 年 1 月 21 日 1,848 views No Comment

美術館サイト:http://www.musee-tomo.or.jp/

2012年1月21日(土)〜 2012年3月31日(土)
※会期中展示替えがございます。

菊池寛実記念 智美術館(東京都港区虎ノ門 4-1-35 西久保ビル)
Google Map

午前11時 ~ 午後6時 (入館は午後5時30分まで)

休館日:月曜日

4組8名様にチケットプレゼント!<終了しました>

菊池寛実記念 智美術館周辺の素敵なお店

展覧会の見どころ
金重有邦(かねしげ・ゆうほう)は、昭和25(1950)年、岡山県備前市伊部に、陶芸家、金重素山(そざん)の三男として生まれ、武蔵野美術大学で彫刻を学んだのち、父のもとで陶芸を始めました。
この展覧会では、焼締め陶の備前焼の流れを紹介しつつ、金重有邦の最近10年間に制作された作品のなかから厳選したおよそ80点の花入、水指、甕、茶器、茶碗を展示し、作家の作陶の変遷と深まりを紹介します。

kaneshige_omote kaneshige_ura

コメント投稿欄

以下のタグが使えます:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">