Home » 美術館周辺の素敵なお店, 関東

FRICK(フリック) 《根津美術館周辺の素敵なお店》

2012 年 3 月 29 日 6,210 views 4 Comments

旬の野菜の美味しさを堪能する、アートなイタリアン。

根津美術館横の小道、六本木方面に向かう坂の途中にある瀟洒なリストランテ。
FRICK(フリック)は、オーナーシェフである深田景氏が、日本およびイタリアで磨いた感性と技術による最高の料理を提供したいと2008年5月にオープンしました。
「親しい友達の家に招かれて食事をしているように楽しい時間を過ごしてほしい」
と語る通り、北欧の家をイメージした木のぬくもりが感じられる店内はほっとくつろげる雰囲気。
おなかを空かせてやってくる人たちを、いつでもあたたかく迎えてくれるようです。

frick01 frick02

イタリアンの名店「カノビアーノ」や「イルギオットーネ」を経て、イタリアトスカーナ州の2つ星レストランなどでも修業を積んだ深田シェフが作る料理のコンセプトは、“日本の旬の野菜を使った季節を感じるイタリアン”。
全国の契約農家から日々送られてくる旬の野菜を一番のコンディションで味わえるよう、最適な調理法でおいしい料理に仕立ててくれます。素材の本質を知り尽くしているからこそできる、シンプルで奥深い料理。この日はランチでパスタコース(火~金曜のみ)2500円を頂いてきました。

<タスマニアサーモンのカルパッチョ 季節野菜のサラダ仕立て>
冷前菜のカルパッチョ、一見サーモンが主役のグリーンサラダのように見えますが…、一口食べると様々な野菜の味・香り・食感が口の中いっぱいに広がります。軽井沢の契約農家から取り寄せているという10種類以上の野菜に、オレンジオイルドレッシングとヨーグルトのソースを添えて。フレンチキャビア(ますの卵)の上品な味わいやハーブの香りも、野菜の美味しさを引き立てるアクセントのようです。

frick03

●<春キャベツとあさり・しらすのスパゲティーニ>
魚介の塩気と春キャベツの甘さが絶妙なバランス。見るからにつややかで美味しそうなパスタ、キャベツの淡い色彩に思わず見とれてしまいました。春を感じる美しい一皿です。

frick04

●<金柑のベイクドチーズケーキ&ビターチョコレートのアイスクリーム>
食べるのをためらうほど完璧に美しいデザート!金柑の香りが素晴らしい濃厚なチーズケーキはビターチョコとの相性も抜群です。

frick05

そして食後のコーヒーは軽井沢の丸山珈琲。時にはお店でコーヒーの淹れ方教室を開くほどのこだわりよう。パーフェクトです。

こちらのお料理をいただいて感じたのは“旬の素材は美味しい上に美しい”ということ。
ガラスの器で出される料理は光の加減で刻刻と表情を変えてゆき、白い陶器に盛られた料理は素材の質感・形・色彩がくっきりとあらわれて、一つ一つが立体のアート作品を見ているようなのです。
盛り付けもそうですが、素材の美しさに見とれる…という貴重な体験をしました。
美術館帰りのお客様や学芸員の方にもファンが多いというのもうなずけますね。
アート鑑賞の余韻を楽しめるおいしくて美しい料理に会いに、ぜひお立ち寄りいただきたいおすすめのお店です。


<ランチ>
■パスタコース(火~金曜のみ)…冷前菜、パスタ、ドルチェ、食後のお飲物、自家製パン ¥2500
■FRICKコース…冷前菜、温前菜、パスタ、お肉又はお魚料理、ドルチェ、食後のお飲物、自家製パン ¥3800
■シェフおまかせスペシャルランチコース(土日・祝日のみ)…4~5皿  (前日までの要予約)  ¥5500


取材・文:稲垣栄里


frick06FRICK(フリック)
東京都南青山4-24-8 @home SQ 2F  Google Map
電話:03-6905-7311
定休日:月曜日
営業時間:ランチ/12:00 ~ 13:30(LO)、15:00 close  
     ディナー(火~土)/ 18:00 ~ 22:00(LO)、23:30 close
     ディナー(日・祝日)/ 18:00 ~ 21:00(LO)、22:00 close 
URL:http://www.frick2008.com/

根津美術館で現在開催中の展覧会は『井戸茶碗 -戦国武将が憧れたうつわ-』

ページTOPへ戻る▲

4 Comments »

  • まお said:

    フリックさん素敵なお店ですよね
    次の世代を代表する若いオーナーシェフのお店でメディアなどでも大注目のイタリアン 何度も伺った事があるのですが季節感を大事にした色鮮やかな料理が本当に美味しくてファンがいっぱい
    アシスタントのスタッフさんも優しくて心地良いサービスをしてくれます。根津美術館の緑を見ながらお食事を楽しめる数少ないレストラン オススメですね〜。

  • camus said:

     「燕子花図」と「八橋図」をおよそ100年ぶりに同時に展示されている「KORIN展」。展覧会レビュー「光琳にまねぶ・・・」を拝読して行きたかった細身美術館《酒井抱一と江戸琳派の全貌》に行けなかったことが心残りだったことで、さらに素晴らしく、愛しさすら感じる展覧会でした。レビューにもあった「光琳百図」との比較展示があったことが嬉しく、抱一に関するレビューを頭の中でよみがえらせながら鑑賞していました(光琳展なのに抱一を想うなんて、「二股」ってこんな感じかしら?^^;)
     まおさんのコメント含むこの素敵なお店紹介により、東京日帰り美術館巡りの最後を根津美術館でしめることに決めました。美術館は5/20まで、お店のオープン時間である18時まで一時間延長開館中です。美術館の庭園で美しく咲くカキツバタを見て、3分前に美術館を出たらオープン同時に入店できました。紹介どおり特にお野菜が種類豊富で新鮮で美味しかったです。今回も素敵なお店を紹介くださってありがとうございました。

  • 55museum (author) said:

    >> まお 様

    コメントありがとうございます。
    返信遅くなりすいません。
    本当に素敵なお店ですよね!!

  • 55museum (author) said:

    >> camus 様

    いつもコメントありがとうございます。
    こちらこそ、いつもcamus 様にコメントいただくの楽しみにしております。
    お店は美術館から近いし、東京日帰りでもバッチリなコースでしたね!

コメント投稿欄

以下のタグが使えます:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">