Home » 終了した展覧会, 関東

清水晃・吉野辰海 漆黒の彼方/犬の行方

2012 年 2 月 11 日 1,054 views No Comment

美術館サイト:http://www.momas.jp/

2012年2月11日(土・祝)〜 2012年3月25日(日)

埼玉県立近代美術館(埼玉県さいたま市浦和区常盤9-30-1)
Google Map

午前10時 ~ 午後5時30分(入館は閉館の30分前まで)

休館日:月曜日

展覧会の見どころ
清水晃と吉野辰海がデビューした1960年代初めは、「反芸術」と呼ばれる、美術の既成概念を破る表現が盛んな時代でした。その真只中で、清水と吉野はそれぞれ制作活動を始めます。清水は廃品を用いた作品やコラージュなどを発表し、吉野は前衛芸術のグループ「ネオ・ ダダ」に参加するなど、ともに若くして注目を集めました。やがて新奇な表現を熱狂的に追い求める時代が過ぎ去ると、ふたりは自らの原点をも う一度見つめ直しながら、次第に新たな境地を築き上げていきました。
この展覧会では、それぞれ独自に活動しながらも、同時代を歩んできたふたりの美術家に焦点をあて、その全貌を代表作によって紹介します。

shimizu_omote shimizu_naka01 shimizu_naka02 shimizu_ura

コメント投稿欄

以下のタグが使えます:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">