Home » 終了した展覧会, 関東

山本基 しろきもりへ −現世(うつしよ)の杜(もり)・常世(とこよ)の杜(もり)−

2011 年 7 月 30 日 1,618 views No Comment

美術館サイト:http://www.hakone-oam.or.jp/

2011年7月30日(土)〜 2012年3月11日(日)

箱根彫刻の森美術館(神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平 1121)
Google Map

午前9時 ~ 午後5時(入館は閉館の30分前まで)

年中無休

5組10名様にチケットプレゼント!<終了しました>

展覧会の見どころ
床に塩で迷路状の模様を描くことで知られているインスタレーション作家、山本基の展覧会。
実妹が24歳の時に脳腫瘍で他界したことが、“塩”を用いた制作の原点となった山本は、社会の中で死がどのように扱われているかを作品を通して体感してきました。
「多くの大切な記憶は、時とともに変化し、薄れてゆく。しかし、写真や文章では残すことのできない記憶の核心に、私はもう一度触れてみたい」と作家は語っています。
この展覧会では、故人の記憶を超えて、現代の死生観の状況や自然と人間の関係をテーマにし、箱根の地から得た印象をもとに、長い歴史の中で繰り広げられてきた生命活動の連なりを、約7トンの塩を用いて表現します。

yamamoto_omote yamamoto_ura

コメント投稿欄

以下のタグが使えます:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">