Home » 終了した展覧会

殿様も犬も旅した 広重・東海道五拾三次 ―保永堂版・隷書版を中心に―

2011 年 12 月 17 日 1,851 views No Comment

美術館サイト:http://suntory.jp/SMA/

2011年12月17日(土)~ 2012年1月15日(日)
※作品保護のため、会期中展示替えを行います。
※各作品の展示期間については、美術館にお問い合わせください。

サントリー美術館(東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガレリア3階)
Google Map

午前10時 ~ 午後6時(金・土は午後8時まで開館)
※12月22日(木)は午後8時まで開館
※いずれも最終入館は30分前まで

休館日:12月20日(火)、12月27日(火)、12月30日(金)~ 2012年1月1日(日)

サントリー美術館周辺の素敵なお店

展覧会の見どころ
歌川広重の代表作である保永堂版(ほえいどうばん)「東海道五拾三次之内」は、江戸を出発し、53の宿駅を経て京都へいたるまでの道のりをたどった55枚の大判錦絵シリーズです。
この展覧会では、那珂川町馬頭(なかがわまちばとう)広重美術館所蔵の保永堂版「東海道五拾三次之内」と、サントリー美術館所蔵の隷書版「東海道」が一挙に公開されます。

【保永堂版】
天保4年(1833)に版元の保永堂(竹之内孫八(たけのうちまごはち))と僊鶴堂(せんかくどう)(鶴屋喜右衛門(つるやきえもん))から共同出版され、のちに保永堂の単独出版となった。保永堂版の大ヒットにより、広重は名所絵の名手としての地位を不動のものにした。

【隷書版】
嘉永2年(1849)頃に丸屋清次郎(まるやせいじろう)の寿鶴堂(じゅかくどう)から出版された。画中の題が隷書で書かれているため「隷書東海道」と呼ばれている。

guroshige_omote hiroshige_ura

《関連書籍》

hiroshige_book01
  歌川広重保永堂版 東海道五拾三次
町田市立国際版画美術館 (監修), 佐々木 守俊
¥ 2,100
hiroshige_book02
  広重と歩こう東海道五十三次
安村 敏信 (著), 岩崎 均史 (著)
¥ 1,995

コメント投稿欄

以下のタグが使えます:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">