Home » 終了した展覧会

ぬぐ絵画―日本のヌード 1880-1945

2011 年 11 月 15 日 2,752 views No Comment

美術館サイト特設サイト

2011年11月15日(火)〜 2012年1月15日(日)

東京国立近代美術館(千代田区北の丸公園3-1)
Google Map

午前10時 ~ 午後5時(金曜日は午後8時まで)
※入館は閉館30分前まで

休館日:月曜日(ただし、2012年1月2日、9日は開館)、年末年始(12月28日-1月1日)、1月10日(火)

5組10名様にチケットプレゼント!<終了しました>

同時開催:ヴァレリオ・オルジャティ展ぬぐコレクション(所蔵作品展「近代日本の美術」)

東京国立近代美術館周辺の素敵なお店

展覧会の見どころ
はだかの人物を美術作品として描き表し、それを公の場で鑑賞するという風習は、フランス、イタリア経由の「異文化」として、明治の半ば、日本に入って来たものでした。以後、これが昭和初頭に定着するまで、はだかと絵画をめぐって、描く人(画家)、見る人(鑑賞者)、取り締まる人(警察)の間に多くの葛藤が生じることになりました。
「芸術にエロスは必要か」「芸術かわいせつかを判断するのは誰か」にはじまり、「どんなシチュエーションならはだかを描いても不自然ではないのか」「性器はどこまで描くのか」といった具体的な事柄まで、これまで多くの画家たちが、はだかを表現するのに最適な方法を探ってきました。
この展覧会は、今日も広く論じられるこうした問いの原点を、明治から昭和初期までの代表的な洋画作品約100点によって紹介するものです。

nugu_omote nugu_naka nugu_ura

《関連書籍》

nude_book01
  裸体画の黎明―黒田清輝と明治のヌード
勅使河原 純 (著)
¥ 3,300より

コメント投稿欄

以下のタグが使えます:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">