Home » 終了した展覧会

20世紀検証シリーズNo.3 池袋モンパルナス展 ようこそ、アトリエ村へ!

2011 年 11 月 19 日 1,532 views No Comment

美術館サイト:http://www.itabashiartmuseum.jp/art/

2011年11月19日(土)〜 2012年1月9日(月・祝)

板橋区立美術館(東京都板橋区赤塚5-34-27)
Google Map

午前9時30分 ~ 午後5時 (入館は午後4時30分まで)

休館日:月曜日(ただし1月9日は開館)、年末年始(12月29日 〜 1月3日)

3組6名様にチケットプレゼント!<終了しました>

展覧会の見どころ
今から約80年前、現在の池袋を中心とする一帯に、アトリエ付き住宅が建設され始めました。当時としては画期的なこの物件には、借家人募集のビラや口コミで集まった画学生や、靉光、麻生三郎、寺田政明ら画家、評論家、詩人、演劇関係者などが互いの家や酒場に集い、芸術論を交わしました。その中の1人である詩人の小熊秀雄はこの集落を芸術の都パリのモンパルナスに重ね合わせた「池袋モンパルナス」という詩とエッセイを残しています。
そんな「池袋モンパルナス」で1930 〜 1940年代を過ごした画家のうち、板橋ゆかりの寺田政明、古沢岩美、井上長三郎と彼らの交友の画家、詩人の作品を紹介する展覧会。彼らの暮らしたアトリエ付き住宅の間取りもほぼ実物大で示したコーナーも設けます。

ikebukuro_omote ikebukuro_naka01 ikebukuro_naka02

《関連書籍》

ikebukuro_book01
  池袋モンパルナス 大正デモクラシーの画家たち
宇佐美 承 (著)
¥ 1,000
ikebukuro_book02
  小熊秀雄と池袋モンパルナス―池袋モンパルナスのそぞろ歩き
玉井 五一 (著)
¥ 1,260

コメント投稿欄

以下のタグが使えます:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">