Home » 終了した展覧会

榎忠展 美術館を野生化する

2011 年 10 月 12 日 1,015 views No Comment

美術館サイト:http://www.artm.pref.hyogo.jp/

2011年10月12日(水)〜 2011年11月27日(日)

兵庫県立美術館(神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1)
Google Map

午前10時~午後6時 金・土曜日は午後8時まで
(入場は閉館30分前まで)

会期中無休

同時開催:『安井仲治の位置』『コレクション名品選 美術の中の“わたし”』

兵庫県立美術館周辺の素敵なお店

展覧会の見どころ
神戸を拠点に活躍する現代美術家、榎忠(1944年香川県生まれ)の回顧展も兼ねた、最大規模の個展。
1960年代半ばから創作の世界に入った榎は、70 〜 76年の集団での活動を経た後、街中での会場探しからはじめ、自ら展覧会全体を作り上げることを行ってきました。型破りなパフォーマンスをしたり、銃や大砲など現代社会における刺激的な題材を扱ったり、今日多量に生み出される金属の廃材に新しい生命を吹き込んだりと、独自の世界を展開しています。

enoki_omote enoki_ura

コメント投稿欄

以下のタグが使えます:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">