Home » 終了した展覧会

生誕120周年記念 岸田劉生展

2011 年 9 月 17 日 2,745 views No Comment

展覧会サイト:http://ryusei2011.jp/

2011年9月17日(土)〜 2011年11月23日(水・祝)

大阪市立美術館(大阪市天王寺区茶臼山町1-82)
Google Map

午前9時30分 ~ 午後5時(入館は午後4時30分まで)

休館日:月曜日(ただし、祝日の場合は開館し翌日休館)

5組10名様にチケットプレゼント!<終了しました>

大阪市立美術館周辺の素敵なお店

展覧会の見どころ
2011年に生誕120周年を迎える、日本近代美術史上屈指の洋画家、岸田劉生(1891-1929)の短くも充実した活動期間に残した作品を通じて劉生の画業を辿る回顧展。
38年という、けっして長くはない劉生の人生は、一連の麗子像に見られる周囲の人たちへの温かな眼差しと、画家として描くべき対象への厳しい視線が交錯し、日本人が油彩画を描くことの困難と可能性を全身全霊をもって示したものでした。
この展覧会では、愛娘を描いた数多くの麗子像をはじめ「岸田の首狩り」と評判になった肖像画、さらには風景画や静物画も数多く紹介します。

kishida01_omote kishida01_ura kishida_omote kishida_naka01 kishida_naka02 kishida_ura


《関連書籍》

kishida_book01
  岸田劉生―独りゆく画家(別冊太陽 日本のこころ)
酒井 忠康 (著)
¥ 2,520
kishida_book02

  岸田劉生 内なる美―在るということの神秘
北沢 憲昭 (編集), 岸田 劉生(画・文)
¥ 2,940

コメント投稿欄

以下のタグが使えます:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">