Home » 編集部日記

ルイジアナ美術館へ行ってきました

2011 年 10 月 28 日 7,044 views No Comment

5年ぐらい前、和歌山県立近代美術館のある学芸員の方とお話していて、

「世界の美術館に色々行ってきたけど、デンマークのルイジアナ美術館が一番よかった」と言われたとき、

ん?デンマークなのにルイジアナ?アメリカの聞き間違え?(な、わけないか)

とアホなことを思ったのを思い出します。

でも、ずっと心のどっかにひっかかっていて

今度ヨーロッパを旅する機会があったら行ってみようと漠然と思っていました。

今回の旅はハンマースホイとパウル・クレーの作品を現地で観ることが主目的だったのですが、

ルイジアナ美術館があまりにも素晴らしかったので少しご紹介させてください。

loui01
エントランスはこじんまりしていて普通のお家のよう。

元々はデンマークの実業家、Alexander Brunの屋敷だったようです。

なんでも、このBrunさんの妻が3人ともLouise(ルイーズ)だったのでLouisianaと名付けられたのだとか。

3回結婚して、全員同じ名前ってすごいですね。

loui02
入るとすぐに見えるルイスポールセンのペンダントライトが雰囲気にバッチリあっていてときめきます。

ポスターはその時やっていた企画展のもの。

loui03 loui04
loui05
ルイジアナ美術館はコンセプトとして、美術作品、建築そして自然環境の融合があるらしく、

それが私が思うに、パーフェクトに実現されている素晴らしい美術館なのですっ(興奮)。

美術館の中を進むにつれて、ウキウキしてきた感情を忘れられません。

loui06
このジャコメッティの見せ方のかっこいいこと!

写真では全く伝わりませんが(悲)、まさに空間を活かしきった展示でした。


loui07
ジャコメッティとフランシス・ベーコン。なんて贅沢な展示なんでしょう!


loui08
こちらは、イベントやコンサートができるホール。作品はサム・フランシス。


loui13 loui11 loui10
お庭に出てみると、これがまた素晴らしい。子供たち大喜びで芝生の上を駆け回ってました。


loui12
リチャード・セラも元からそこにあったように馴染んでいます。


loui15 loui16
私が訪れたときは、『LIVING: FRONTIERS OF ARCHITECTURE III-IV』という

様々な建築の有り様を紹介する企画展が開催されていて

アトリエ・ワンや藤本壮介も紹介されていました。


そしてこの美術館の数ある素晴らしい点のひとつがルイジアナ・カフェなんです。

椅子は勿論、ヤコブセン。

loui17 loui18
色々メニューはありますが、断然ビュッフェがおススメです。

loui19
ショップも充実していて、一日いても全くあきません。

あー、またすぐにでも行きたい!

編集部:森 優子

コメント投稿欄

以下のタグが使えます:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">