Home » 終了した展覧会

生誕100年記念 フェリックス・ホフマン展 うつくしい絵本の贈りもの

2011 年 7 月 16 日 1,215 views No Comment

美術館サイト:http://www.artmuseum-itami.jp/

2011年7月16日(土)〜 2011年8月28日(日)

伊丹市立美術館(伊丹市宮ノ前2-5-20)
Google Map

午前10時 ~ 午後6時(入館は午後5時30分まで)

休館日:月曜日

3組6名様にチケットプレゼント!<終了しました>

伊丹市立美術館周辺の素敵なお店

展覧会の見どころ
スイス生まれの絵本作家であり、多彩な活動を行った画家フェリックス・ホフマン(Felix Hoffman:1911 〜 1975)。
ホフマンが絵本を描くきっかけとなったのは、第二次世界大戦中に多くの時間を兵役で費やすなか父親として我が子のためにできることとして、長女に《ラプンツェル》、二女に《ねむりひめ》、三女に《おおかみと七ひきのこやぎ》、長男に《七わのからす》の手描き絵本を贈ったことでした。その後、出版された数々の絵本は世界中で親しまれ、世代を超えて愛されています。
ホフマン家のご遺族と、世界でも有数のコレクションを誇る小さな絵本美術館(長野県)の協力を得て、我が子に贈った手描き絵本をはじめ、貴重な作品と資料の約250点を展示し、ホフマンの知られざる全貌と魅力に迫ります。

hoffman_omote hoffman_ura
《関連書籍》

hoffman_book01
  クリスマスのものがたり
フェリクス・ホフマン (著, イラスト), しょうの こうきち (翻訳)
¥ 1,365
hoffman_book02
  おおかみと七ひきのこやぎ―グリム童話
フェリクス・ホフマン (イラスト), せた ていじ (翻訳)
¥ 1,470

コメント投稿欄

以下のタグが使えます:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">