Home » 終了した展覧会

生誕130年 橋口五葉展

2011 年 6 月 14 日 1,199 views No Comment

美術館サイト:http://www.ccma-net.jp/

2011年6月14日(火)〜 2011年7月31日(日)

千葉市美術館(千葉市中央区中央3-10-8)
Google Map

午前10時 ~ 午後6時 毎週金・土曜日は午後8時まで
(入館は閉館の30分前まで)

休館日:第1月曜日(7月4日)

展覧会の見どころ
橋口五葉(1881-1921)は鹿児島市の生まれ。1899 年に上京してはじめ橋本雅邦に日本画を学びますが、まもなく洋画に転じて東京美術学校へ進みました。油絵修業のかたわら図案にも才を発揮、1905 年にはかの『吾輩ハ猫デアル』(夏目漱石著)で装幀家としてデビュー、以後アール・ヌーヴォーを基調とした優美な装本の数々を世に送りました。1911 年の三越呉服店による懸賞広告画募集では1等となって話題をさらい、同じ頃から錦絵の研究・復刻にも取り組んでいます。そして 1915 年の渡邊版〈浴場の女〉を経て〈化粧の女〉や〈髪梳ける女〉に代表される珠玉の私家版木版を残し、41 歳の若さで没しました。
油彩、水彩、素描、版画、絵葉書、装幀本、ポスターなど数多くの新出資料を含む約400点から改めて橋口五葉の全貌を探る展覧会。

コメント投稿欄

以下のタグが使えます:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">